TOP > 新着情報一覧 > 新着情報詳細

新着情報

2021/06/17

阿南学術講演会

2021年6月17日に阿南学術講演会(共催:阿南市医師会・阿南医療センター・薬剤師会阿南那賀支部・日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社・日本イーライリリー株式会社)が開催されました。特別講演を北里大学北里研究所病院 山田悟先生に賜り、阿南市医師会から村上昌先生、当教室から粟飯原(講演座長)と湯浅(講演コメンテーター)が参加しました。阿南市内の主会場と東京および徳島の三元を結ぶハイブリッド講演会として開催されました。

山田悟先生からは「科学的根拠に基づく糖尿病治療を求めて」と題して御講演いただきました。先生のライフワークである”ゆるやかな”糖質制限による糖尿病治療が合理的かつ強固なエビデンスに基づいているものであることを詳細にお話しくださいました。後半には次々と画期的なエビデンスが生まれているSGLT2阻害薬についてご紹介いただき、欧米での糖尿病薬物治療のガイドラインでは、心血管や腎合併症など病状の評価に準じて薬剤が選択されている現状をお話くださいました。その後、仮想症例を提示しどのような薬物療法を選択するかを聴講者の皆さんのアンケートとともに議論を深めました。

Evidence Based Medicine(科学的根拠に基づく医療)が医療判断の中心に位置づけられるようになって久しいですが、山田先生の御講演を拝聴するとこれまでの常識が次々に書き換えられるなどその道のりはまだまだ中途のようです。エビデンスは次々と積み重ねられその吟味は並大抵のことではなく、一方で診療の現場はエビデンスの背景となるような理想的な状況ばかりでもありません。エビデンスを深く理解することの大切さを胸に刻むことができた講演会でありました。

(湯浅)

 

2021年度のお知らせ

2020年度のお知らせ