TOP > 新着情報一覧 > 新着情報詳細

新着情報

2021/02/12

2020年度 肥満・糖尿病クタスター ミニリトリート

 2020年度の徳島大学大学院教育クラスター事業の一環として、肥満・糖尿病研究クラスター・ミニリトリートを2021年2月12日(金)に開催しました。本ミニリトリートでは、昨今のコロナ禍の状況を鑑み、Zoomを用いたリモートと徳島大学蔵本キャンパス大塚講堂小ホールにて対面参加のハイブリッド形式で、執り行いました。今回は、東京大学大学院 医学系研究科 加齢医学教授・秋下雅弘先生に特別講演として「生活習慣病高齢者におけるサルコペニアの意義とポリファーマシーの影響」と題して、昨今高齢者医療で問題になっているフレイル・サルコペニアの診断基準やその形成経緯、ポリファーマシーの現状と問題点、加齢と炎症・性ホルモンの意義について系統的かつ明解にご講義頂きました。画面を通してではありますが、聴講者と活発なディスカッションがなされ、研究領域が重なる聴講した若い研究者達にも非常に大きな刺激になったと思います。

 研究発表では、肥満・糖尿病病態解明や臨床的介入につながる臨床および基礎領域の計10演題が発表されました。膵・腎・骨格筋・脂肪細胞・消化管・感覚器・食品などの多岐に渡りましたが、いずれも非常にレベルが高く、発表者の大学院生の方々も非常に落ち着いて、会場やwebを介しての活発な質疑応答が出来ました。

 大学院生発表に対する採点結果は、いずれも僅差での順位付けとなりましたが、最優秀賞に、本講座の関連教室である血液・内分泌代謝内科学博士課程2年の原倫世先生が受賞し、その他に優秀賞3名、優秀ディスカッサント3名が参加者から選ばれました。この受賞を励みに、若手研究者の方々が、更なる研究研鑽を積んでもらえればと願っております。

(研究クラスター代表:粟飯原)

2021年度のお知らせ

2020年度のお知らせ