TOP > 気になるメディカルトピックス・コラム一覧 > 気になるメディカルトピックス・コラム詳細

気になるメディカルトピックス・コラム

2020/10/05

新型コロナウイルス感染症における抗原定量検査の有用性

近年、新型コロナウイルス感染症が話題になっていますが、PCR検査は手間がかかるため、簡易で迅速な検査法が求められています。今回、抗原検査の有用性が発表されました(Int J Infect Dis 2020;99:397-402. )。

 山梨県立中央病院での研究ですが、鼻咽頭のスワブを採取された215名の非感染者(PCR陰性患者)、11名の感染者(PCR陽性患者)、合計313サンプルがPCR検査を施行されました。検体の残りを凍結し、富士レビオのルミパルスSARS-CoV-2 Agキットで検査し相関を検討されました。定量的RT-PCRを基準として用いると、抗原検査の感度は55.2%,特異度は99.6%で、一致率は91.4%でした。PCR検査で100コピー以上または10-100コピーの検体ではそれぞれ100%、85%の一致度であり、ある程度のウイルス量がある検体では抗原検査でも十分そうな結果でした。今後、簡便で迅速な抗原検査の活用が期待されます。

(担当:中村)

 

2020年度のお知らせ

2018年度のお知らせ

2017年度のお知らせ

2016年度のお知らせ

2015年度のお知らせ