TOP > 気になるメディカルトピックス・コラム一覧 > 気になるメディカルトピックス・コラム詳細

気になるメディカルトピックス・コラム

2018/04/10

SGLT2阻害薬の腎保護作用機序に迫る

EMPA-REG OUTCOME試験やCANVAS試験によって、SGLT2阻害薬の腎保護効果に注目が集まっていますが、その分子メカニズムについては、最近様々な研究成果が披露されています。その様な中で、今回イブラグリフロジンの効果について国内のグループから、興味深い研究発表がありました (Sci Rep. 2018 Mar 5;8(1):4029)。SGLT2阻害薬によって腎臓での酸化ストレスの低減や、低酸素状態の改善が、腎保護につながっているとの見解です。これは1型および2型糖尿病モデルの両者で薬剤効果が発揮されている様です。

 糖尿病腎症の進展予防においては、これまでエビデンスのあるACE阻害薬やARB、GLP-1受容体作動薬に加え、SGLT2阻害薬の果たす役割は今後ますます高まって行くものと思われます。

(担当:粟飯原)

2017年度のお知らせ

2016年度のお知らせ

2015年度のお知らせ