TOP > 気になるメディカルトピックス・コラム一覧 > 気になるメディカルトピックス・コラム詳細

気になるメディカルトピックス・コラム

2017/09/27

Flash Glucose Monitoringの効能

Flash Glucose Monitoring(FGM)は、簡便でリアルタイムに血糖値をモニター出来るため、糖尿病管理にとても有用に思えますが、実際のところはどうなのでしょうか?

すでに、1型糖尿病患者におけるFGMは、従来のself-monitoring of blood glucose (SMBG)に比較して、有意に低血糖時間が短縮したことが、IMPACT試験によって示されています (Lancet 2016; 388: 2254–63)。そこで、強化インスリン療法中の2型糖尿病患者においても、FGMが、SMBGにとって替わることが可能か否かが検討されました。

結果はシンプルであり、HbA1cの変化はFGMとSMBGの2群間で差が無かったものの、低血糖の時間がFGM群で短縮し、患者の満足度も高かったことが報告されました。この結果はIMPACT試験の結果とほぼ同様であり、コストの問題が解消されれば、FGMの有用性が証明されたことは、大変興味深いです。 (担当:粟飯原)

2018年度のお知らせ

2017年度のお知らせ

2016年度のお知らせ

2015年度のお知らせ