TOP > 活動記録一覧 > 活動記録詳細

活動記録

2018/05/13

DME:diabetic macular edemaの最適な治療とは?

品川プリンスホテルにて糖尿病性黄斑浮腫の研究会(主催:アルコンファーマ株式会社、ノバルティスファーマ株式会社)が開催され、全国から200名以上の眼科ドクターが参加しました。本講座の粟飯原は、内科医での立場で、現在の糖尿病診療の現状の解説を行い、後半は、症例検討でのコメンテーターとして参加しました。これまで、眼科領域に関する知識が乏しかったため、糖尿病性黄斑浮腫の診断や治療に関し、お聞きした内容は、大変目新しく、特にVEGF抗体治療に関しては、全身への薬剤の影響があり得るという面で、内科医も深く診療に関わる必要性を痛感しました。
 

2018年度の活動報告

2017年度の活動報告

2016年度の活動報告

2015年度の活動報告